2017/01/03 に公開平成28年12月29日深夜 集団ストーカー犯行部隊に立ち入り禁止のテープを切られ、裏からとなりを通って侵入されガス栓をとめられ、屋根の上の湯から水道に切り替えられ、表に回って2階の防犯カメラと玄関の割れたガラスにはった段ボールにレーザーを当てられ、家のみかんを玄関ドアとベランダに投げつけられました。さらに午前10時ごろ父が急に熱が出て息がとまりました。数分後息が戻りました。そのあと熱は平熱になりましたが脈がバラバラで30分おきに息がとまったり、数秒か数十秒後に息が戻るを繰り返して最後息が戻らず、火葬が終わるまで私がついていました。父は平成28年8月19日に肺炎で小牧市民病院に入院しました。そのあとすぐ胃かいようと糖尿病になって食事を禁止されました。1か月で肺炎は直りましたが11月には水も飲めなくなってベッドでずっと寝たきりで点滴をしていました。






aiueo700の1週間ぶりの投稿。
しかし、同時に悲しい事実が。
好一の父明継が亡くなったのである。

明継様の御冥福をお祈りします。