最初私の家のとなりのとなりの駐車場に夕方になるとサカイ創建の社員が集まってきて車のエンジンをかけて大きな声でさわぎだして、7時半ぐらいに車に分乗してどこかに行ってまた戻ってきてさわいでました。深夜1時2時に車が数台戻ってきて7、8人で奇声や叫び声を上げたりしていたこともありました。裏の住人が電話でサカイ創建に車の排気ガスが臭い、うるさいと怒鳴ったら、横向きに車をとめる駐車場のところを車の前を家に向けてとめられ夜ヘッドライトで家を照らされていました。裏の住人は浴室で死にました。次は百姓が角の住人の前の田んぼを毎日ほったり農薬をまきだしました。それからクレーン会社がクレーンを住人の家の裏の駐車場に持ってきて毎日クレーンをカンカン叩いたり、潤滑剤スプレーをまいたり、朝6時前後に長時間暖機運転してどっかいったりするようになりました。それからサカイ創建の社員が住人の家の前の人と自転車しか通らない川の狭い橋(幅1メートルくらい)をあさ軽自動車で通って川のすぐ反対側の会社に行ったり、小型トラックでひんぱんに住人の家の前を行ったり来たりするようになりました。最後は家にクレーンの先を突っ込むみたいな感じで壁にぎりぎりに駐車されて引っ越していきました。すると橋にポールが立てられ車両通行禁止になりました。百姓も来なくなりました。大きいクレーンもどっかにいなくなりました。現在は小さいクレーンがとまっていて私が部屋の窓を開けたり、スーパーに行くときをねらってときどきスプレーをまく以外はクレーンをカンカン叩いたり、潤滑剤スプレーをまかなくなりました。今は私が被害にあっています。父は平成28年8月19日に毒ガスで肺炎にされ、猛毒のステロイドでベッドでずっと寝たきりにされ、最後点滴に毒を入れられて殺されました。たて続けに母も平成29年9月19日に毒で脳梗塞にされ殺されました。





 
脳梗塞とはどんな病気か

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下し、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥り、その状態がある程度の時間続いた結果、その部位の脳組織が壊死(えし)(梗塞)してしまったものをいいます。 



予防するには

日常でできる予防方法 脳梗塞を誘発する危険因子の「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」の予防がそのままリスクを減らすことになります。
今すぐ日常生活で改善できるものとしては「禁煙」「過度な飲酒を避ける」「肥満解消」などがあります。特に高齢者の方は脳梗塞になるリスクが高くなっているので、自らの生活習慣を見直すことで、より一層脳梗塞の予防に繋がります。


😷好一も飲酒をするようだから気をつけて欲しい



参考元